アディポネクチン検査を行いました。

2/7(木)、徳島大学病院糖尿病対策センターのセンター長である船木特任教授と秦特任助教が来社されて、アディポネクチン検査をしてくださいました。

アディポネクチンとは血液中にある脂肪細胞で作られるホルモンで、この濃度を調べることによってメタボリックシンドロームから糖尿病のような生活習慣病を引き起こし、そこから心臓や脳の血管がつまる動脈硬化となる可能性を調べることができるそうです。まずはこの検査で、自分のアディポネクチンの値を知ることが大事なのです。

社員ひとりひとりが自分の身体を知ることによって今後の生活習慣を見直し、糖尿病などの生活習慣病のリスクを減らす努力を始めるきっかけとなることを期待します。

お知らせ

ページのトップへ